体に無理なく痛みがとれる施術法で、その場しのぎでなく、根本的に症状を改善したい!と願うあなたの力になれる、女性専門の整体院です。優しい施術で妊婦さんでも安心です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月25日 (土) | 編集 |
外出したら、ミコトはひたすらぐっすり眠るので、その間、普通なら1~2回授乳するはずが、起こしても飲まないので、間隔が空いてしまいます。

すると、そのあと、いっぱいお腹が空くみたいで、一気に飲もうとするのですけど、わたしの生産体制が追いつかず、足りなくなってしまい、毎回泣いてしまいます。
昨日も父親に会いに、久々に札幌駅に一人(プラス子供)で遊びに行ったので、ついついついついあちこち見て回ってしまって、5時間くらい歩き回り、途中で一度、大丸の授乳室に行きましたが、ぐっすり寝てるので抱っこひもから下ろしたら少し目が覚めたからそのスキに飲ませたけど、すぐ寝てしまったから量が足りてないみたいです。

ずっとスヤスヤ寝てるから、ミコトにとって散歩は良いことだと思ってしまってたけど、寝過ぎるなら時間を短くしてあげないとなーと反省しました。

乳が足りなくて泣かれるのは、とても切ないことだなーと思いました。
これからきっともっと飲む量も増えるから、いつも足りなくなるのかもなぁ・・・。

戦争などで食料不足でどうしようもない時代の親は、子供に泣かれたらすごく辛かったでしょうね。
代わりにミルクを作ってあげたいと思ってもそういうものもないんですもんね。
はだしのゲンのお母さんも大変だったろなぁ・・・。

今の世の中は、色んなことを自由に選択できて、本当にいい時代ですね。
高度成長期も体験してみたかったけど、戦争のない今の時代でわたしは良かったなと思います。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。