体に無理なく痛みがとれる施術法で、その場しのぎでなく、根本的に症状を改善したい!と願うあなたの力になれる、女性専門の整体院です。優しい施術で妊婦さんでも安心です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年08月07日 (木) | 編集 |
今日の新患さんは、坐骨神経痛の方でした。
50代女性。自営業(専門職。デスクワーク)。

以前から腰痛があったけど、病院に行って検査をしてもらっても「骨などに異常ありません」と、湿布や痛み止めをもらうだけ。
今は、腰は楽なのですが、2か月くらい前から左足にしびれが出てきた。
最初は「姿勢が悪いせいでしびれるのかな」と思ってたけど、3週間くらい前に「ずっとしびれてる」と気づいた。
椅子に座ると、すぐにしびれる。
寝たり立ったりの姿勢では全く大丈夫。
あと、テニス肘。重いものを長時間持つと痛くなる(5分以上で)。
物を持ったまま腕を横に移動させても痛くなる。

坐骨神経痛に関しては、骨盤が「くの字」に歪んでいたので、そのために神経が圧迫されて症状が出ていたのでは?と予想されます。
歪みをとって、椎間板と筋肉に対する施術をして、座ってもらうと、「しびれが出ません!大丈夫です」となりました。

テニス肘は、たぶんズレではなく筋肉の緊張だと思い、一通りゆるめてみました。
次回は3日後なので、その時まで、経過を観察してもらうことにしました。

肘は、病院では、「検査の結果異常ないので、注射を打ちましょう」と言われたそうです。
先生に「その注射をしたら治るのですか?」と聞くと、「治るわけではない、痛み止めです」と言われ、治るんじゃないなら、痛みどめを打ったら痛くなくなって無理をしてしまい、薬が切れた時に余計に悪くなると思うから、注射はしないで付き合っていくことにした、と。

お医者さんにはすごく嫌な顔をされたそうですが、自然形体療法の考え方としては、その決断は正しいということになります。
痛みを薬で感じさせなくするのではなく、根本的に解消させることが目的の療法なので。
体を正しい状態に戻してあげれば、痛みも自然になくなるはずです。

ということで、施術は終了し、次回は旦那さんも一緒に施術を受けにきて下さるそうです。
旦那さんは、腰痛と、足が上がらなくて低いものでもまたげない、という症状だそうで、いったいどういうことが原因で痛みが出てるのか、何をしたら改善されるのか、今からとても楽しみ(?)です。

○○さん、楽しい時間をありがとうございました^^
土曜日また楽しみにしてますね~。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。