FC2ブログ
体に無理なく痛みがとれる施術法で、その場しのぎでなく、根本的に症状を改善したい!と願うあなたの力になれる、女性専門の整体院です。優しい施術で妊婦さんでも安心です。
2009年12月29日 (火) | 編集 |
先日、1日のうちに2回も、大切なものを壊してしまいました・・・
壊したというか、傷つけたというか。。。

師匠の「えんかくん」という連動ポイント通りに色がついている人形を、札幌セミナー中にストレッチのモデルになってもらったら、腕がちょっと切れてしまいました(涙)

そのあと、自宅で、旦那が寒い中パソコンしてたから、うちのかわいいソメゴローという猫のぬいぐるみをストーブであっためて抱っこさせてあげよう、と思ってファンヒーターの前に持っていったら、いいにおいがして・・・(汗)、お尻がパーマなソメゴローになってしまいました。。。

ふたつ、いや、ふたりとも、人間のようにかわいがっていたけど、結局は生き物じゃないから、毛も伸びないからずっとパーマのままだし、えんかくんもボンドでくっつけてもらったけど、人間みたくきれいに傷口が塞がるわけでもありません。

生きているっていうことは、本当に素晴らしいですね。
ちょっとくらいけがしても、元通りになりますもんね。

色んなことが原因で、体が痛くなったり病気になったりするけど、根本的な原因がわかって解消できれば、治る可能性があるんですもんね。

当たり前だけど、今回のことで、「人間って本当にいいなー」って思いました。
生き物だから、動物だから、人形と違って痛くなったり部品を取り換えたりできないから大変って思ってた時もあったけど、やっぱり生きているということは本当に素晴らしいことだと思いました。

「生きている限り、必ず体は回復します」って前の療法の時にも教わっていましたが、その言葉の重さが自分の中で変わりました。

悩みすぎて具合が悪くなったりしても、生きてるからこそだし、その辛さを感じられる体があることって、幸せなんだと思います。

痛くて辛くても、死んでしまって痛みを感じなくなるより、ずっといいと思います。
(まだ、死にたいほど痛い、という経験をしたことがないわたしなので、こう言えるのかもしれませんが・・・)

うちの母方の祖父は、脳梗塞で自分で動けなくなってしまってからも、しばらく意識はしっかりあって、母は、「もしじいちゃんが話せるなら、殺してくれって言ってそう。。。そういう人だから」と言っていたことがあって、でも確かにそうかもしれないなって思いました。
死んでしまったあと、「これでじいちゃんも楽になったね・・・」って母が言うのを、すごく悲しい気持ちで聞いたことがあります(涙)

だから、正論だけじゃ済まされない世界もあるな・・・と思います。

でも、生きているということは、何かきっと必ず意味があると思うので、絶望する前に、何か抜け道があるんじゃないかって思って、たくさんのことを試してもらいたいなと思います。

与えられた命を大切にしていきたい、と思いました。

えんかくんとソメゴローには、気付かせてもらって、感謝です。

えんかくん、ソメ、ごめんね・・・
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック