体に無理なく痛みがとれる施術法で、その場しのぎでなく、根本的に症状を改善したい!と願うあなたの力になれる、女性専門の整体院です。優しい施術で妊婦さんでも安心です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月20日 (日) | 編集 |
80代女性。

「毎晩何回も足がつる。一度つると、ガチガチっとなって、痛くて痛くて、収まるまで10分くらいかかる。その間動けない。夜中にトイレに起きたときにもつるから、本当に大変なんです・・・」と、すごくつらそうに話してくれました。

施術で、全身の筋肉・特にふくらはぎを念入りにゆるめたので、その日の晩からつらなくなりました。ずっとしゃがんでいたりなど、無理をした日の夜には、つってしまうそうですが、前ほどガチガチにはならず、範囲もせまくなっているし、1分くらいですぐに収まるようになって、本当にありがたい・・・とのことでした。

【解説】

この「つる」というのは、本当につらく、わたしも前に病気で一か月入院したあと、家に戻って背中を洗おうとしたら背中がつって、つらかったです。一般的には「カリウム不足だから、バナナをいっぱい食べなさい」と言いますが、食べてもあまり変化ないようです。つらない人が、バナナを大量に食べているわけでもないし、バナナ説はどうも疑問を感じてしまいます。

自然形体の施術で、筋肉をゆるめると、つらなくなっていきます。筋肉が異常緊張を起こした状態にあると、ちょっとした動きでもガチガチと緊張してしまって、硬くなって痛くなり、動けなくなる・・・ようです。もしこの考え方が違うなら、ゆるめたあとにつらなくなるっていうことの説明がつかないので。
ゆるめたあとに、自分で癖で揉んだりしてしまうと、また緊張してしまうので、ゆるめたあとには揉む癖をやめて、お風呂にゆっくり入る習慣をつけると、より一層回復が早いと思います。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。