体に無理なく痛みがとれる施術法で、その場しのぎでなく、根本的に症状を改善したい!と願うあなたの力になれる、女性専門の整体院です。優しい施術で妊婦さんでも安心です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年06月19日 (火) | 編集 |
肩こりの施術をしても、重さや違和感が残るときに、する施術があるのですが、それを筋反射で取るやり方がまだ模索中です・・・

自然形体で習った「損屈」という概念があって、「強く揉むことで、筋肉がつぶれてしまってるから、引っ張ってあげなさい」と習って、これじゃないと取れないケースがうちでは多いです。

今日の2人目の新患さんも、施術で片方の肩はとても楽になったけど、反対側が残ってしまい、損屈の手法で「とても軽くなりました!」と喜んで頂けたのですが、今後の課題です。

「肩こりは、揉むと悪化する」という考え方の元で施術してますので、揉まずにゆるむ方法を何種類かアドバイスさせて頂き、来週あたりまた経過をみさせて頂ければいいなと思うのですが、「揉まないというのが難しそうです、癖になってます」というお話だったので、どうかな!?

とにかく早く回復して、痛みのない体で暮してほしいと願って施術をさせて頂いているので、揉まずに暮らせているといいなーと思います!!

最初の師匠に「肩は、何とも無い人でも揉むと凝るから、肩こりになってみたいという人がいるなら揉んでみてあげなさい。そのあとかわいそうだから治してあげなさい」と習いました。

昔は母親に肩を揉んであげてたな~。
喜んでもらえて嬉しかったのを覚えてます。

揉むんじゃなくて、なでなでしてあげた方が、筋肉が脱力できるようになって、回復に向かっていくので、大切な人に楽になってもらいたい時には、優しくなでてあげてほしいなと思います。
よろしくお願いします!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。