体に無理なく痛みがとれる施術法で、その場しのぎでなく、根本的に症状を改善したい!と願うあなたの力になれる、女性専門の整体院です。優しい施術で妊婦さんでも安心です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月12日 (土) | 編集 |
50代男性。会社役員。

1年前からの五十肩。どんどん悪くなってくる。
痛くて仕事も手につかない。


・1回目
最初、なかなか楽にならず、痛みが残ったのですが、それは「揉み過ぎによる、筋肉の特有の痛み」があったためでした。それを正しい状態に戻す手法をすると、痛みがなくなりました。

・2回目(同じ日)
すっかり調子は良い、ということでしたが、まだ仰向けになって寝ると、痛みがありました。また前回の手法をすると、「これは本当に楽になりますね」とのコメント。何度かすると、床につけても大丈夫になりました。

・3回目(次の日)
今日は全然痛みがありません。とのことなので、
念のためにもう一度前回の手法をして、終了しました。

【解説】

遠方から、宿を取っての施術だったため、3回で終了になりました。
「こんなに良くなるなんて思わなかった。本当にありがとう」と、
とても喜んでいただけました。
また調子悪くなったら来院して下さるそうです。

遠くから期待して来ていただいたので、明るい気持ちで帰っていただけて本当に良かったです。本当は手術をする予定だったのですが、この療法で改善できることがわかったので、手術する必要はなくなりました。この療法を学んで本当に良かったです!



スポンサーサイト
2008年01月12日 (土) | 編集 |
70代男性。

「何十年も前に、高いところから落ちて、膝を強打した。そのあとからずっと痛くて、そのあとも何回かぶつけているし、しゃがんでも階段の上り下りでも膝がズキンと痛む。じっとしている時や、歩いているときはなんともない」

施術で、筋肉の緊張をゆるめ、関節のズレを直しました。

そのあと、確認として、まずしゃがんでもらいました。
「どうですか?」
「あー、今、全然痛くないですね」

階段を昇降してもらいました。
「どうですか?」
「ちょっとチクンとした感じはあったけど、前みたいな
ズキンズキンとする感じは全くしない。
降りてくる時も普通に降りられた。
前は、一歩ずつゆっくりじゃないと痛くて無理だった」

とても喜んで、次回の予約を入れてくれました。

【解説】

この方の場合は、ぶつけたときの衝撃によって、膝の関節がずれていたようです。ズレを直すと、前まで痛かった動作でも、平気でできるようになりました。

ズレの場合は、1回で完治する場合が多いのですが、人によっては何回か施術をする必要があります。
靭帯が伸びている場合は、施術後にサラシなどで固定して、靭帯の回復を待つ必要がある場合もありますが、それ以外なら、比較的簡単に膝の痛みは改善していきます。

施術後に必ず痛みの確認をします。今まで痛みのあった動作が痛みなくできるようになっているか、痛みがあれば、何の原因が残っているのか、もう一度施術をして、できる限り痛みがとれるように、最善を尽くします。

膝の痛みは、一般的には改善されにくいようですが、自然形体療法では、改善される場合がほとんどです。あきらめずに、試してみてほしいと願います。
2008年01月12日 (土) | 編集 |
50代男性、酪農家。

ぎっくり腰で来院したついでに、「肩こりもこの機会にしっかり治したい」とのことで、
こらなくなる体に戻るまで毎日施術をすることにしました。
長年こりがひどく、毎日あんま器でガンガン揉んでたそうです。

・1回目
「気持ちいいけど、こりが楽になった気がしない」

・2回目
「うーん、今日もあんまり変わらない・・・」

・3回目
「うーん、変わらないなぁ・・・」

・4回目
「ちょっと今日は楽になってきた気がする!」

・5回目
「だいぶ楽だ、こってる感じがしない」

・2日あけて、6回目
「この二日間、肩が全然こらなかった!」


牛舎の仕事をしながらも(最初の3日は酪農ヘルパーさんがきましたが)、ぎっくり腰の痛みがなくなり、肩こりもだいぶ解消されたので、「また肩がこったら来ます」ということで終了しました。

【解説】

ほんとは、1週間維持できるかを確認してから終了した方が確実なのですが、この療法のことを理解してくれている人なので、来院されないということは、きっと楽になっている・・・と思います。

ほとんどの人は、初回から肩のこりがなくなった、もしくはだいぶ楽になった状態になって帰ることができるのですが、この人の場合は本当に重症でした。でも、ようやく解消されたときには、一緒に大喜びしました。

いつも、夕方に来院されたので、お弁当を買ってきてくれて、施術後に一緒に食べながら世間話をする時間がとても楽しかったです(笑)。

3回目であきらめていたら、肩こり治らずに終了してしまうところでした。
そしたら、残りの人生も、きっとずっと肩こりに悩む毎日だったと思います。
信頼して通ってきてくれて、本当に良かったです。

肩こりは、体が「もう緊張しなくていいんだ」って理解して、初めてこりがなくなります。
この人のように、今まで強く揉んでたり、痛めつけていると、なかなか改善されない場合がありますが、そういう人こそ重症なので、治るまで施術を受けてほしいと思います。

肩こりは、ほかのやり方ではなかなか治せない症状だと思います。
高いあんま器を買っても、ずっと肩こりで苦しんでいる人がたくさんいます。

ほんとは揉んだりすると、余計に悪化するから、早くこの療法が広まって、肩こりで悩む人や、治らないものにお金をかける人、自分で余計に悪化させる人が一人でもいなくなるように、と願っています。

2008年01月12日 (土) | 編集 |
40代女性。事務職。

「おでこを何年か前に思いっきりぶつけて、目の周りも青くなった。
そのあとから、ぶつけたところが軟骨みたく硬くなって、触ると痛い。」

他の症状のついでに、そう教えてくれたので、1分ほど施術しました。
すると、「あれ?なんで?痛くない!!」って、さわっても全く
痛みのない状態になりました。

【解説】

しこりはまだ残ってますが、これも施術を続けていれば
近いうちに消えると思います!

強い衝撃を受けると、体がびっくりし、ぶつかったところを守るために
しこりを作ったり、「もうさわらないで!」と痛みを出して守ったりします。

本当は、もう痛みを出す必要がないのに、体の本能、みたいなもので
こういう症状が残ってしまう人がよくいます。

これを解消させるためには、体に直接「もう大丈夫なんだよ」と
教えてあげることが効果的で、その場で変化が出ます。

体が理解すれば、痛みもなくなるし、しこりもなくなっていきます。
「自然形体療法」の得意とする分野です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。