体に無理なく痛みがとれる施術法で、その場しのぎでなく、根本的に症状を改善したい!と願うあなたの力になれる、女性専門の整体院です。優しい施術で妊婦さんでも安心です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月23日 (水) | 編集 |
30代女性。酪農家。

「何日か前から、前屈すると左の腰の一か所だけ痛む。だから、靴を履いたりする時にも痛い。他にはどこも悪いところない。」とのことです。

一通り施術して、立ってもらい、前屈してもらうと「あっ痛いです、変化ありません」と・・・。色々やっても変化せず、静岡の師匠に電話で症例質問をしました。

結局、動いた時だけゆがむ、という症状があり、普通の手法ではとれない痛みでした。そういう時のための手法があり、今回のケースも、その手法で痛みが全然なくなりました。良かった・・・。

【解説】

寝た状態・座った状態・立った状態で痛みがなくても、動いたときにだけ痛みがある場合があります。こういうときは、自然形体療法独特の考え方の手法があり、手法を間違わずに使用できれば、このように痛みがその場で楽になります。・・・自分の力だけでは難しい時には、このように師匠に電話で教えていただけるようになっています。この仕組みがあるから、安心して施術することができます。師匠には心から感謝しています。
スポンサーサイト
2008年01月20日 (日) | 編集 |
小学校高学年、女の子。

クラブ活動大好き。運動大好きで、いつの間にか膝が痛くなり、床に膝をつくと片足だけ痛い。周りから「オスグットだろう」と言われる。

施術してみると、ふくらはぎがパンパン、というか、プリプリ、というか、とても張っています。丁寧にゆるめ、膝用の手法をし、痛みを確認。「膝をついたまま歩いても痛くなくなりました!」とのことです。

その後しばらくして一緒に遊んだ時、様子を聞くと、「あれから膝痛くないです!」とのことで安心しました。

【解説】

オスグットは、運動が好きで一生懸命がんばる子供に出やすい症状です。運動をしない子にはあまり出ないようです。「成長痛」と言われますが、運動してなくても成長はするし、今回の子のように、片足だけ成長するという考え方も、うーん・・・と思ってしまいます。

病院では、「仕方ない」「運動を控えなさい」「大人になったら治る」などと言われますが、そうではなく、施術で痛みは楽になっていきます。オスグットを改善できる療法は、当院で採用している「自然形体療法」だけのようです。筋肉もゆるめることが大切なので、日常生活でも、運動後のストレッチをしっかりしたり、お風呂にゆっくり入る習慣も、早く回復するためには大切です。今までと同じ生活習慣では、また痛くなってしまいます。「身体の使い方が間違っているよ!」と教えてくれている、と考え、施術で痛みが楽になったあとも、体を大切にする習慣を身につけてほしいと思います。

2008年01月20日 (日) | 編集 |
80代女性。

「毎晩何回も足がつる。一度つると、ガチガチっとなって、痛くて痛くて、収まるまで10分くらいかかる。その間動けない。夜中にトイレに起きたときにもつるから、本当に大変なんです・・・」と、すごくつらそうに話してくれました。

施術で、全身の筋肉・特にふくらはぎを念入りにゆるめたので、その日の晩からつらなくなりました。ずっとしゃがんでいたりなど、無理をした日の夜には、つってしまうそうですが、前ほどガチガチにはならず、範囲もせまくなっているし、1分くらいですぐに収まるようになって、本当にありがたい・・・とのことでした。

【解説】

この「つる」というのは、本当につらく、わたしも前に病気で一か月入院したあと、家に戻って背中を洗おうとしたら背中がつって、つらかったです。一般的には「カリウム不足だから、バナナをいっぱい食べなさい」と言いますが、食べてもあまり変化ないようです。つらない人が、バナナを大量に食べているわけでもないし、バナナ説はどうも疑問を感じてしまいます。

自然形体の施術で、筋肉をゆるめると、つらなくなっていきます。筋肉が異常緊張を起こした状態にあると、ちょっとした動きでもガチガチと緊張してしまって、硬くなって痛くなり、動けなくなる・・・ようです。もしこの考え方が違うなら、ゆるめたあとにつらなくなるっていうことの説明がつかないので。
ゆるめたあとに、自分で癖で揉んだりしてしまうと、また緊張してしまうので、ゆるめたあとには揉む癖をやめて、お風呂にゆっくり入る習慣をつけると、より一層回復が早いと思います。

2008年01月20日 (日) | 編集 |
50代女性。主婦。

「1週間くらい前から、股関節が痛くて、ずーんと重だるい感じ。車から降りるときに足を広げようとするとズキンと痛くて、手で手伝ってあげないといけないくらい。ソファーから前かがみになってテーブルの上のものを取ろうとしても痛くて・・・」と。

骨盤のゆがみを直し、股関節のゆがみを直すための手法をすると、「さっきよりは楽です、でもまだ重だるいし、動かすとまだ痛いです」と。
股関節周りの筋肉の緊張をゆるめる手法をすると、「あ、だいぶ重だるい感じがなくなりました」と言うので、更に念入りに施術をすると、「大丈夫になりました。動かしても痛くないです」。ソファーに座ってもらって物を取る動きをしてもらったり、車を降りるときと同じように動いてもらったりしても「痛くなりません。ありがとうございます!」ということで、施術終了しました。

次の日、ちょっとだけ重だるさが戻った瞬間があったらしいのですが、ほっといたらその症状もとれて、今は全く痛くないです、ありがとうございます。との報告を頂きました。

【解説】

ゆがみを直したあとの重だるさは、筋肉の緊張がまだ残っていたからのようでした。緊張をゆるめると、よく「軽くなった」と言われます。その「軽い状態」が、本当の正しい状態なのです。でも、ゆがんでいたり、無理をしすぎたりしていると、筋肉が異常緊張状態になってしまうから、重だるく感じてしまいます。
この重だるさだけを、施術で改善させても、根本的なゆがみが直っていない状態だと、またすぐに重だるくなってしまうと思います。ゆがみと筋肉の緊張を同時にゆるめてあげることが、回復への近道です。


2008年01月20日 (日) | 編集 |
80代女性。主婦。

「10歩くらい歩くと、腰が重だるくなって、休み休みじゃないと動けない。病院に行くと、『運動不足だ』と言われ、痛いながらも歩いてみると、やっぱり痛いから、休み休み歩いて病院に行くと、『痛いのになんで歩いてくるの』って言われて・・・。もうどうしたらいいのやら」とのことでした。

施術してみると、体幹が「くの字」にゆがんでいます。「腰がいつも痛いから、湿布を貼って、でもかぶれてかゆくてかゆくて・・・」ということも話してくれました。

ゆがみを直し、腰回りの筋肉の緊張をゆるめ、様子をみてもらいながら施術を続けることになりました。

次の日、2回目の施術をしました。「腰はあのあと、歩いても全然だるくなりませんでした」と教えてくれました。ほかにもあちこち症状があったので、同時に施術しながら、順調に回復していきました。毎日の施術を何度か続けたあと、メンテナンスのために、4日に1回のペースで施術を続け、日常生活を普通にしている分には、痛みがない体に戻ることができました。

1年ぶりに親戚の集まりに行った時の話を聞かせてくれました。

「去年は腰が痛くて、とぼとぼとゆっくりしか歩けなかったから、いま普通にシャンシャンと歩いているわたしを見て、『あれー!普通に歩いてる、○○ちゃん、どうしたの??』ってみんなにびっくりされました。『いい先生がいて、みてもらったらこういうふうに歩けるようになったんだよーー』って、みんなの前で足を大きくあげてシャンシャンと歩いて見せたんですよ。みんな、口ぐちに『よかったね、よかったね!』って喜んでくれたんですよ、やっぱりわたしが変な歩き方をしていたから、みんな心配してくれてたんでしょうね。先生、ありがとうございます」と、とても嬉しそうに報告してくれました。

【解説】

この方は、なんとか元気に動けるようになりたい、という気持ちが強く、よくなるために何度も施術を受けてくれました。こういう風に、あきらめずに熱意を持って施術を受けてもらえると、わたしも嬉しいです。「痛みなく元気に楽しめる体」に戻るお手伝いをしたい、と思って、この仕事をしています。体が「良い状態」を覚えて維持できるようになれば、痛みなく暮せるようになりますから、その場しのぎではなく根本的に解消したい方と一緒に回復のお手伝いをしたいと思います。

2008年01月20日 (日) | 編集 |
50代女性。酪農家。

「何十年前に捻挫をして以来、右足首がずっと痛い。足首を上下に動かすとどっちも痛い。いつも熱を持っている感じ。長時間立ち仕事をしていると腫れてきて、反対側の倍くらいにくるぶしが腫れる。」

ふくらはぎの緊張をゆるめ、捻挫用の手法をして、確認します。
「あっ、さっきより痛みが楽です」
もう一度、念入りに手法をします。
「あれ、痛みがなくなりました」

施術終了後、「また痛くなったら施術しましょう」と言いましたが、その後、何か月たっても痛みの再発はなく、「長時間働いてもくるぶしも腫れないし、熱ももたないから、布団から足を出さなくても眠れるようになりました!」と報告してくれました。

【解説】

この人のように、何十年前の捻挫のせいで、その後ずっと辛い症状が残っている人がいますが、その場合、捻挫をしたときの関節のズレが残っているので、ほっておいてもなかなか治りません。ズレを正しい状態に戻してあげることで、腫れなくなるし、熱ももたなくなるし、痛みもなくなります。
腫れたり熱を持ったりするのは、異常が残ったままだからなのです。


2008年01月18日 (金) | 編集 |
60代女性。主婦。

軽い脳梗塞で入院したあと、坐骨神経痛が出て、「脳梗塞のせいですね」と言われる。

・1回目
基幹の型でゆがみ等を解消し、寝た状態でのしびれはなくなる。立ってもらうと、まだしびれがある。それは、立位での坐骨のゆがみを解消させる手法でしびれが消えたので、坐骨のゆがみが原因だったのでは・・・と思われます。

・2回目
こないだよりだいぶ楽な状態。しびれはちょっと感じる。
施術後には、前回より簡単にしびれがなくなり、施術終了となりました。

友人の親だったので、その後お会いした時に様子を聞くと、「調子いいです、ありがとうございます」とのことでした。

【解説】

施術では、脳梗塞は解消させることはできません。なので今回のしびれは、ゆがみや椎間板が原因で出ていた症状のようでした。本当に脳梗塞によるしびれの方もいらっしゃると思いますが、この方のように、体全体を正しい状態に戻していくことで、もしかしたら解消できる種類の症状かもしれません。試す前からあきらめたりせずに、施術を受けに来ていただければ、と思います。
2008年01月17日 (木) | 編集 |
50代女性。自営業。

お盆で重いものを運ぶことが多く、手首の痛みがある。
手首を回しても痛い。

施術して、手首の周りの筋肉の緊張をゆるめると、痛みがとれました。「魔法みたい!」と驚いてくれました。

【解説】

腱鞘炎の痛みは、筋肉の緊張か、関節のズレを改善させると、その場でかなり楽になります。今回の場合は、ズレはなかったようで、緊張をゆるめただけで、痛みがとれました。ズレがある場合は、ゆるめただけでは痛みはとれません。その場合は、ゆるめたあとにズレを直す手法をします。そうすると、「特定の動きをしたときに痛い」という腱鞘炎の痛みが、その場で解消されます。
手首に無理がかかる生活を続けていると、腱鞘炎になりやすいので、何回か施術を受けながら、日常生活も気をつけていくと、痛みなく暮せるようになります。
腱鞘炎で、手術をする方がいらっしゃいますが、手術を受けなくてもこの療法で改善されるかもしれません。まずは、この療法を試してもらえたら、と思います。
2008年01月17日 (木) | 編集 |
40代女性。自営業(軽作業)。

子宮筋腫がこの療法で小さくなるか、試しにやってみたいっていうことで、施術することになりました。

ゆがみを直し、腹部の緊張をゆるめる施術を念入りにすると、最初さわってわかるほどだった大きさ&硬さの子宮筋腫(6cm×4cmらしいです)が、さわってもどこにあるのかわからないようになり、うつぶせになってもいつもある違和感がなくなった、って言っていました。
でも、3時間くらいするとちょっとずつまた戻ってきて、次の日の朝にはまたあったのですが、施術をするとまたなくなりました。このまま施術を続ければ、もしかしたらいつかなくなるのかもしれない・・・と思いたくなるような施術結果でした。

それと、施術していて、筋腫のある場所以外にも、下腹部の真ん中あたりが平均より硬かったので、そこも念入りにゆるめる施術をしておきました。
すると、その2日後に生理がきたのですが、「いつもなら初日は薬を飲んでずっと寝ているのに、生理痛がすごく軽くなっていた、薬を飲まなくても痛くなくなった、まぁ寝てはいたけどw」という報告をしてくれました。

【解説】

やはり、生理痛はこの療法で楽になるんだなぁと再実感できた症例でした。若い時からずっと生理痛がひどかったそうです。施術したあとは痛みがこんなに楽になるのなら、生理前に施術を受けて、生理を快適に過ごせるようにする・・・という利用方法もあるのでは、と思います。
わたしの場合は、毎日のように施術してもらっていたので(研修で練習台になったりして)、施術を受けないようになっても何か月も楽でした。体がどのくらいの期間、正しい状態を維持できるかは、個人差もあるし、日常の生活習慣にもよるので、生理痛を改善したい場合は、ある程度定期的に通院した方が確実なのでは、と思います。

2008年01月17日 (木) | 編集 |
50代、女性。自営業。

スポーツを長年してたのですが、股関節が痛くなり、今はお休み中。1年以上ずっと痛い。普段より少し多く歩くだけで、股関節が痛くて座って休まないと歩けなくなる。

施術後、「ふーん、確かに今、痛みはないですね・・・」と言い、色々痛みの確認をしたけど、痛みはなくなりました。「こんなにやさしくて痛みがないなんて、やられた感じがしない。本当にこれでよくなるのかなぁ・・・」って思った、と後で教えてくれました。

次の日、朝起きて、痛みがない状態に改めてびっくり。

その後、旅行に行っても何をしても、前のような股関節の痛みがなくなりました。

多少重だるく感じるときはあるようですが、簡単な自己療法で解消する種類の痛みのようです。

1年以上、無理をしないように、毎日気遣っていたそうで、今の痛みのない状態が、正直言って「信じられな~い(笑)」って、メールで感想を教えてくれました。

【解説】

股関節の痛みって、本当に心配になってしまいますよね。
わたしも股関節痛に悩んだ時期がありました。
股関節痛の原因は、筋肉の緊張がほとんどです。
緊張をゆるめれば、その場で痛みは楽になります。
そして、ゆがみなどの、緊張をさせる原因を解消していくことにより、こうやって「信じられな~い」ほどの改善効果が出ます。

痛みに悩んでいる方、手術を考えている方。痛みも副作用もないこの施術法で、あなたの股関節痛もきっと楽になっていくと思います。手術などに踏み切る前に、この施術法を試して頂けたら、と思います。

2008年01月14日 (月) | 編集 |
50代男性、会社員。

「最近、いつの間にか血圧が上がってきた。薬を飲まないといけないかもしれない・・・」と。
150前後まで上がってきていたようです。

施術をしてみると、全身のこりがありました。
あと、股関節が寝てる間に痛くて目が覚めることがあって、睡眠不足になっていたので、それも血圧が上がる誘因になっていたのでは、と思います。

股関節も調整しながら、緊張をゆるめる施術を3回くらい続けてしました。

「夜いたくて目が覚めることなくなったし、血圧を検査したら130くらいに下がってました」と喜んでもらえました。

【解説】

血圧も、全身のこりを改善させると下がっていく場合があります。こりがあると、血行が悪くなり、血圧を上げることによって血液を回そうと体ががんばるようです。師匠は、「血圧計を置いて、施術後に調べてみなさい。下がってるから」といいます。

それをただ薬で無理に下げても、体にとってよくないと思います。体を正しい状態に戻せば、薬に頼らずに済むようになる人も多いです。何か異常があるから、それを教えてくれるために血圧も高くなるんだと思います。施術で体を正しい状態に戻していって、自然に下げていく方法を試してみることは、副作用もないですし、自分の体を大切に考える人にとって、不安のない良い方法では・・・と考えます。
2008年01月14日 (月) | 編集 |
50代女性。サービス業。

仕事が忙しく、無理をする毎日。血圧が高くなり、病院で点滴で下げてもらったあとには楽だたのですが、次の日にはまた同じくらいつらくなり、妹さんの紹介で施術を受けました。

最初は頭が痛かったのに、施術で全身の緊張をゆるめているうちに、「頭が痛いのがなくなりました」と。施術後、「全身がすごく楽です~不思議です」と喜んでくれました。

【解説】

主に、肩のこりから来ていた頭痛だったようです。肩や首がこっていると、頭に血液がいかなくなったり、神経が圧迫されたりして、頭痛が出るケースがあります。施術でこりを改善させて、ゆがみも正し、椎間板が縮んでいる場合には正しい状態に施術で戻してあげると、ほとんどの頭痛はその場で楽になります。
病院で原因不明の場合の頭痛は、この療法で改善しやすいと思います。(腫瘍が原因の頭痛などは、適応外になってしまうと思います)
痛み止めを飲んでも、根本的な原因は解消されていません・・・。根本的に、頭痛が出ない体づくりをしたい方のお手伝いがしたいと思います。
2008年01月14日 (月) | 編集 |
50代女性。仕事は肉体労働してます。

「膝に水がたまるから、何年か前から月に1回、病院で水を抜いている」といいます。痛みがあって正座もできないそうです。

・1回目
施術していると、水が抜けてきて、最初とくらべると半分くらいになりました。「すごい、腫れが引いてきた~」と喜んでくれました。施術後、正座をしてみてもらうと、「あっ、痛くなく座れます、すごい~」と。

・2回目
1か月以上あけて施術をしたときには、「膝がすごく楽でした、病院で水を抜かなくてよくなりました。最近仕事忙しくてさすがに疲れて調子悪いので来ました」と。施術後は「すごく楽になった~、どこも痛いところないです」と喜んでくれました。

【解説】

よく、膝に水がたまるという人がいますが、膝が正しい状態なら水もたまりません。何かのきっかけで、膝の関節がずれてしまった場合、水がたまる人が多いようです(レントゲンは、止まった状態で撮るので、動いた時のズレがわかりません)。ズレを直せば、改善していくケースが多いです。

この方はそのあとも、疲れたり無理をしすぎるたびに来てくれました。行く先々で、「正座できるようになったのよ!」と正座をして見せてくれたので、施術を受けてくれる人が増えました。わたしが札幌に引っ越すことになってしまったので、「行かせたくないなぁ」って・・・。せっかく気に入って下さってたのに、わたしもとてもさみしかったです。
2008年01月14日 (月) | 編集 |
30代女性、酪農家。

肩こりで来院されました。

2回目に来院されたとき、「あのとき、生理初日で、本当はお腹が痛くて仕事がしたくない状態のはずなんだけど、帰ったら全然普通どおりに仕事できました。いつもなら、3日間はだるい感じで動きたくないのに」と教えてくれました。

またしばらくしたあと来院されたときにも、「今回も、生理痛がやっぱり楽でした」と喜んでくれていました。

【解説】

問診の時に「生理痛」と言ってくれていれば、生理痛用の手法もあったのですが、普通に基幹の型しかしなかったけど、生理痛がこのように楽になりました。

体が正しい状態に戻れば、痛みは楽になります。
痛みがある状態というのは、なにか異常がある状態なので、正しい状態に早めに戻してあげると良いと思います。
2008年01月14日 (月) | 編集 |
50代男性、会社員。

20kgの荷物を積み上げる仕事をしていて、ぎっくり腰になってしまいました。
ぎっくりしてから2時間後に来院されました。
腰を伸ばせない状態になっていて、それを見た他の患者さんにも、「わー、大丈夫ですか?」と心配されるほどでした。
そろそろと歩き、立っていると辛いので、すぐに横になりました。

・1回目
基幹の型で、普通に施術して、痛みはだいぶ楽になりましたが、まだ完全に腰を伸ばすと痛い状態です。「でもさっきよりだいぶ楽になった。ゆっくり歩かなくても大丈夫になった。土日はゆっくり休んで、また月曜日に来てみます」と。

・2回目
「土日休んだし、だいぶよくなりました」と。歩く速さも普通な感じでした。でもまだ痛みが残っていたので、もう一度施術しました。施術後、「前だったら、こうやって伸ばせなかったもんなー」って、痛みがほとんどない状態に回復したので、施術終了しました。

【解説】

自然形体療法じゃない場合は、ぎっくり腰になったら、まず安静にして、2~3日して激痛が収まってからの施術が良い場合があります。痛い時に、揉んだりバキバキする療法をすると、かえって痛くなる可能性があるからです。
自然形体の場合は、体に無理なことを一切しないので、悪化することはまずありません。今回のように、ひどいぎっくりの場合では、いつも以上にやさしく施術します。体のバランスを整えて、痛みの原因を緩和させると、自然治癒に任せるときよりも早く回復するようです。
ぎっくり腰の場合、筋肉の緊張がひどくなっていたり、椎間板特有の症状が出ていたりします。それらを施術で改善させることで、今回のように、回復のお手伝いができます。
2008年01月13日 (日) | 編集 |
40代女性。主婦。

高校の時にぎっくり腰をしてから、ずっと腰痛持ち。
ママさんバレーのあとは、足をひきずるほど腰が痛い。
朝起きて、「さて、どうやって起きればいいのか・・・」と毎朝悩むほど、腰の痛みがありました。

施術してみると、背中の筋肉がカチカチで、石のようでした。「昔、鍼治療に行った時、鍼が折れてびっくりされたことがある」って言ってました。

骨盤のゆがみも多く、筋肉の緊張も強く、最初は仰向けもうつぶせも「腰が痛い・・・」と感じていたそうですが、施術が進むにつれ、「あー、なんだか、どんどん痛みが楽になってきた」となり、施術後には、どの動きをしても痛みが出なくなりました♪

【体験談】

みんなが「すごくいい」って言うけど、「わたしの腰はみんなほど軽症じゃないから、わたしの腰には効果がないだろう」とも思ったんだけど、「そんなにいいって言うなら、まずは自分の腰で試してみよう」と思い、施術を受けてみました。整体って、余計に痛くなったり、「痛みが出なくなって通わなくて良くなった!」っていう話も聞かないし、行っても治らないものだと思って今までは避けていました。実際に施術を受けてみて、帰りには「腰がなくなったみたい!!」と感じるほどに腰が軽くなりました。でも、「きっと明日には戻ってるんじゃないか」って思って寝たけど、次の朝、自然に起き上がり、「あれ、今、どうやって起きたの?」って自分で不思議になった。いつもはようやく起き上がってたのに。「でも、きっとママさんバレーやったらまた痛くなるだろう」と思ってたけど、いつもどおりにやってみても全然痛くならなくて、終わった後も普通にスタスタと歩けて、本当にびっくりしました。何日かして、ちょっと動き過ぎたときに、「あーまたちょっと痛くなってきちゃった」と思ったけど、一晩眠ったらまた痛くなくなっていて、自分がずっと理想だと考えていた、「自分で治せる体」になったんだ!と嬉しくなりました。

・・・というようなことを、他の不調者さんを紹介して連れて来てくれたときに話してくれました。

【解説】

このように、長年のひどい腰痛でも、1回でかなり改善する人はよくいます。この人の場合は、特別に回復が早かったように思います。やっぱり日頃の鍛え方が良かったのかもしれません。でも本当は、痛みを我慢しながら運動するのは体に負担がかかるから、施術で痛みのない正しい状態に戻してから運動をしたほうが、体には安心です。

その後、たくさんの困っている人を紹介してくれました。
紹介してもらえるのって、信頼してもらった証拠だと思うので、本当に嬉しいです!
2008年01月13日 (日) | 編集 |
30代女性。主婦。

肩こり、体のゆがみが気になって来院。

施術後は肩こりがなくなり、座って足の裏を合わせるとゴロンと倒れてしまうほどのゆがみが、見た目では全然気にならないほどの状態に回復し、猫背も正しくなりました。

1回施術したあと、来院はされなかったのですが、3か月後くらいに話をする機会があり、「あれから生理痛がすごく楽になったんです」と。

前までは、始まる一週間くらい前から辛くて、「ぎゃー」という感じだったのが、今は初日にちょっと違和感がある、というくらいにまで改善されている、と喜んで教えてくれました。

【解説】

ぱっと見ただけですぐにわかるくらいだったひどいゆがみも、3か月後に見た時もほとんど前の悪い状態には戻っておらず、施術後の良い状態を維持できているようでした。

ゆがみがあると、内臓も正しくない状態で働かないといけないので、生理痛などの不調が出てしまいます。
正しい状態に戻してあげれば、そういった不快な症状も楽になっていきます。

これを、無理やりまっすぐに力技でしようとしても、体は嫌がって、戻りが早いようです。自然形体療法では、体にとって自然な方法で、体が受け入れてくれるようにゆがみを正していくので、このように、何度も通わなくても正しい状態が身につく人が多いです。
この方の場合、長年気になっていたから、日常生活でも足を組んだり横座りをしないように、気をつけるようにした、ということです。こういった、自分での注意も、少ない回数で正しい状態を覚えるためには大切です。

生理痛はとても辛いので、本当によかったです(わたしも、この療法で改善しました)。
2008年01月12日 (土) | 編集 |
50代男性。会社役員。

1年前からの五十肩。どんどん悪くなってくる。
痛くて仕事も手につかない。


・1回目
最初、なかなか楽にならず、痛みが残ったのですが、それは「揉み過ぎによる、筋肉の特有の痛み」があったためでした。それを正しい状態に戻す手法をすると、痛みがなくなりました。

・2回目(同じ日)
すっかり調子は良い、ということでしたが、まだ仰向けになって寝ると、痛みがありました。また前回の手法をすると、「これは本当に楽になりますね」とのコメント。何度かすると、床につけても大丈夫になりました。

・3回目(次の日)
今日は全然痛みがありません。とのことなので、
念のためにもう一度前回の手法をして、終了しました。

【解説】

遠方から、宿を取っての施術だったため、3回で終了になりました。
「こんなに良くなるなんて思わなかった。本当にありがとう」と、
とても喜んでいただけました。
また調子悪くなったら来院して下さるそうです。

遠くから期待して来ていただいたので、明るい気持ちで帰っていただけて本当に良かったです。本当は手術をする予定だったのですが、この療法で改善できることがわかったので、手術する必要はなくなりました。この療法を学んで本当に良かったです!



2008年01月12日 (土) | 編集 |
70代男性。

「何十年も前に、高いところから落ちて、膝を強打した。そのあとからずっと痛くて、そのあとも何回かぶつけているし、しゃがんでも階段の上り下りでも膝がズキンと痛む。じっとしている時や、歩いているときはなんともない」

施術で、筋肉の緊張をゆるめ、関節のズレを直しました。

そのあと、確認として、まずしゃがんでもらいました。
「どうですか?」
「あー、今、全然痛くないですね」

階段を昇降してもらいました。
「どうですか?」
「ちょっとチクンとした感じはあったけど、前みたいな
ズキンズキンとする感じは全くしない。
降りてくる時も普通に降りられた。
前は、一歩ずつゆっくりじゃないと痛くて無理だった」

とても喜んで、次回の予約を入れてくれました。

【解説】

この方の場合は、ぶつけたときの衝撃によって、膝の関節がずれていたようです。ズレを直すと、前まで痛かった動作でも、平気でできるようになりました。

ズレの場合は、1回で完治する場合が多いのですが、人によっては何回か施術をする必要があります。
靭帯が伸びている場合は、施術後にサラシなどで固定して、靭帯の回復を待つ必要がある場合もありますが、それ以外なら、比較的簡単に膝の痛みは改善していきます。

施術後に必ず痛みの確認をします。今まで痛みのあった動作が痛みなくできるようになっているか、痛みがあれば、何の原因が残っているのか、もう一度施術をして、できる限り痛みがとれるように、最善を尽くします。

膝の痛みは、一般的には改善されにくいようですが、自然形体療法では、改善される場合がほとんどです。あきらめずに、試してみてほしいと願います。
2008年01月12日 (土) | 編集 |
50代男性、酪農家。

ぎっくり腰で来院したついでに、「肩こりもこの機会にしっかり治したい」とのことで、
こらなくなる体に戻るまで毎日施術をすることにしました。
長年こりがひどく、毎日あんま器でガンガン揉んでたそうです。

・1回目
「気持ちいいけど、こりが楽になった気がしない」

・2回目
「うーん、今日もあんまり変わらない・・・」

・3回目
「うーん、変わらないなぁ・・・」

・4回目
「ちょっと今日は楽になってきた気がする!」

・5回目
「だいぶ楽だ、こってる感じがしない」

・2日あけて、6回目
「この二日間、肩が全然こらなかった!」


牛舎の仕事をしながらも(最初の3日は酪農ヘルパーさんがきましたが)、ぎっくり腰の痛みがなくなり、肩こりもだいぶ解消されたので、「また肩がこったら来ます」ということで終了しました。

【解説】

ほんとは、1週間維持できるかを確認してから終了した方が確実なのですが、この療法のことを理解してくれている人なので、来院されないということは、きっと楽になっている・・・と思います。

ほとんどの人は、初回から肩のこりがなくなった、もしくはだいぶ楽になった状態になって帰ることができるのですが、この人の場合は本当に重症でした。でも、ようやく解消されたときには、一緒に大喜びしました。

いつも、夕方に来院されたので、お弁当を買ってきてくれて、施術後に一緒に食べながら世間話をする時間がとても楽しかったです(笑)。

3回目であきらめていたら、肩こり治らずに終了してしまうところでした。
そしたら、残りの人生も、きっとずっと肩こりに悩む毎日だったと思います。
信頼して通ってきてくれて、本当に良かったです。

肩こりは、体が「もう緊張しなくていいんだ」って理解して、初めてこりがなくなります。
この人のように、今まで強く揉んでたり、痛めつけていると、なかなか改善されない場合がありますが、そういう人こそ重症なので、治るまで施術を受けてほしいと思います。

肩こりは、ほかのやり方ではなかなか治せない症状だと思います。
高いあんま器を買っても、ずっと肩こりで苦しんでいる人がたくさんいます。

ほんとは揉んだりすると、余計に悪化するから、早くこの療法が広まって、肩こりで悩む人や、治らないものにお金をかける人、自分で余計に悪化させる人が一人でもいなくなるように、と願っています。

2008年01月12日 (土) | 編集 |
40代女性。事務職。

「おでこを何年か前に思いっきりぶつけて、目の周りも青くなった。
そのあとから、ぶつけたところが軟骨みたく硬くなって、触ると痛い。」

他の症状のついでに、そう教えてくれたので、1分ほど施術しました。
すると、「あれ?なんで?痛くない!!」って、さわっても全く
痛みのない状態になりました。

【解説】

しこりはまだ残ってますが、これも施術を続けていれば
近いうちに消えると思います!

強い衝撃を受けると、体がびっくりし、ぶつかったところを守るために
しこりを作ったり、「もうさわらないで!」と痛みを出して守ったりします。

本当は、もう痛みを出す必要がないのに、体の本能、みたいなもので
こういう症状が残ってしまう人がよくいます。

これを解消させるためには、体に直接「もう大丈夫なんだよ」と
教えてあげることが効果的で、その場で変化が出ます。

体が理解すれば、痛みもなくなるし、しこりもなくなっていきます。
「自然形体療法」の得意とする分野です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。