体に無理なく痛みがとれる施術法で、その場しのぎでなく、根本的に症状を改善したい!と願うあなたの力になれる、女性専門の整体院です。優しい施術で妊婦さんでも安心です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月13日 (火) | 編集 |
昨日のブログで少し書いた、友人の症例の話です。

タバコを1日1箱吸う人で、最近はタバコを吸うと咳が出て、ウッと吐きそうになる、ということで、「肺がんなのかな~」と心配しつつ、タバコは止められない・・・減らしてるけど・・・・という感じでした。禁煙って大変らしいですもんね。。。

なので、新しい概念で、この咳に関する呼吸器全般を診てみることにしました。

すると確かに、肺周りの問題が大きく、5分くらいの時間でしたが、伝わってくる問題がなくなるまで施術してみました。

その後タバコを吸った時に、様子をみてみると、全然咳が出てない!いつもむせかえるらしいのに、大丈夫だったようです。
これで安心して吸う本数が増えた!となるとまた悪化しそうなので、引き続き本数は減らしていってもらえると良いと思います。

あと、暖かい部屋から寒い外に出る時も、なぜか毎回えづいてしまうらしく、20年くらいずっとそうだったと言うので、そのことについてももう一度診てみると、それは食道あたりの問題だったようで、解除してみたら、寒い外に出ても「大丈夫だね~!」と言ってびっくりしていました。
わたしもびっくりしました。


でもちょっとまだこの施術はわたしの身体への負担が大きいので、自分が辛くならずに施術できるよう、練習が必要だなーと感じます。

今朝もう一回施術して、その後の経過を聞いたら、「全然問題なかった!」ということだったので、今回のことは、新しい概念がぴったり合っていたということのようです。

どんな治療法でも、症状に合ってれば良くなるし、合ってなければ全く変化ないので、変化のないときは、別の合ってる治療法と巡り会えますように、と願います。

どういう症状でも良くしてあげられたら一番良いですけど、それは無理なので、無理な症例が続くと仕事を続ける勇気がなくなってしまいがちですが、良くなってくれる人と巡り会うためにも、勉強を続けながら、施術し続けていきたいです。

スポンサーサイト
2009年05月30日 (土) | 編集 |
地元の友達が、仕事で札幌に来たついでに、施術を受けに来てくれました♪

背中の張りがある、ということだったのですが、ここ最近風邪もひいて、喉の痛みが取れない、ということでした。

「最近新しいこと勉強してるんだよ~」とか言いながら、喉の連動ポイントを1分くらい施術しただけで、「あれー、喉が痛くなくなったよ!」って、びっくりしてくれました。

腰をひねった時の痛みも、腰にさわらずにとってあげることができました!

看護師さんをしているのですが、「習って、病院の患者さんの痛みをとってあげたい!」って言ってました。
わたしも、良い考えだと思います^^
いつか仲間になってくれるといいなー。

地元で開業してた頃に、何度か施術を受けてもらったことがあるのですが、なかなか効果が出にくい体だったんですよね。。。
今回、違う見方をして施術をしたら、簡単に症状が取れてしまったから、「狙いどころが間違ってた」ということだったんですね。

わたしは、「治れば何でもいい」という考えです。
患者さんが、体を痛めずに、改善していくなら、何でも取り入れていきたいです。
それが患者さんのためになるからです。


とりあえず、「お風呂に入る習慣がなくて全身疲労の人」は、どっちの療法でも、まずは疲労を施術で取ってあげないといけないから、お風呂に入る人よりやっぱり改善が遅いです。

初回の施術から、痛みをできるだけ減らしてあげたい、って思って施術してますが、痛みの本質にたどり着けなくなっちゃうほど、「疲労の壁」がある人がけっこういて、もったいないなーと思います。
がんばって施術して、なんとか改善させていますが、他の先生には「初回から痛みが取れなくても、それはその人のせいもあるから仕方ないよ」って言われましたが、確かにそうなんだけど、人情として、難しいところです。。。

施術を受ける前に、まずは一週間くらいお風呂にゆっくり入ってみたらどうなるのかなーって思います。
それだけで、きっと施術を受けに来なくても済む人も多いのでは??

「体改善プログラム」みたいなのを作ろうかなー

2009年04月27日 (月) | 編集 |
今日来院された方。

主訴は違うところだったのですが、「こないだから風邪をひいて、喉の痛みが全然治らない。明日も仕事が忙しくてたくさん話をしたりしないといけないのに、大変だー」ということでした。

そこで、喉用の手法をかけてみると、終わった頃には痛みが取れて、「あとはうちに帰って番茶を飲んだら風邪が全部治る気がする!」と喜んで下さいました。

前までは、喉が痛いなら喉まわりに手法をかけていたのですが、最近は、ちょっと違うところにもポイントがあることを勉強したので、そっちにも手法をかけてみました。
喉だけ最初にやったときには変化がなかったので、今回は、喉が悪かったんじゃなくて、他が悪かったせいで喉にも影響がきていたようでした。

花粉症にも応用ができるのかなー。
北海道にいると、花粉症の方の施術をする機会があまりないようなので、もし花粉症の方の施術をできる機会があれば、また報告させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。